【ママ防災⑦】「大地震と冷蔵庫」~固定と保冷がポイント~!

ママ防災の第7回目。
ママの防災の知識をゼロからイチを目指し、
少しずつ、日常の生活に取り入れられるこのシリーズ。

 

今回も、ママ防災のスペシャリスト 高良綾乃氏にご協力をいただき、
普段の生活からできる、防災の小ネタをご紹介します。

 


 

大型の台風が静岡県東部に接近した10月。

皆様の地域の被害は大丈夫でしたか?

大地震の備えも勿論のこと、水害対策の必要性も感じております。

今月は災害時の冷蔵庫対策をお話していただきます。

大地震の時の冷蔵庫対策のポイントは2つ。「固定」と「保冷」です。

 

①まずは、固定

 

冷蔵庫のように、背が高く重量もある家電は、揺れによって倒れたり移動してくるとケガにつながったり、
避難経路をふさいでしまう恐れがあります。

事前にしっかりと固定をして、転倒防止対策をしましょう。
また、冷蔵庫内にモノが詰まっていると、扉が開いた際にたくさん飛び出して、
調味料のビンが割れたり、床が散らかって掃除が大変な上に、
貴重な食材を無駄にしてしまうことになりかねません。

ビン類はひとつのカゴにまとめて滑り止めシートを敷いておくとか、
汁気のあるものはしっかり蓋のしまる保存容器で保管するなど、
ちょっとしたことで、被災レベルは下げられます。

 

つぎに、保冷です

 

停電時の保冷にはいくつかのコツがあります。

大地震に限らず、台風による停電や計画停電の際にも同じ対策で大丈夫!

右矢印① 冷蔵室は7割、冷凍室はびっしり収納がgood

 

普段から、冷蔵庫はびっしり詰め過ぎずに7割程度を心掛けるといいでしょう。
その方が、冷気が行き渡りやすくしっかり冷やされ、電気代の節約にもなります。
一方で、冷凍庫は詰め込んでもok!
むしろ、その方が食材自体が保冷材の役割を果たし、冷気を保ちやすくなります。

 

右矢印② ペットボトルに8割ほど水を入れて冷凍しておきましょう。

日頃は冷気をキープする役目、災害時には冷蔵庫の上段に置けば保冷剤として重宝します。
(冷気は上から下へおりるから)その後、中身の氷がとけたら、そのまま飲料水として利用できるので一石二鳥です。

 

右矢印③  扉を開けない!冷気を逃がさない!
停電時は、なるべく扉の開閉回数を減らしたいところです。そのためにも、

①冷蔵庫の中身は把握しやすい7割収納にすること
②冷蔵庫が傾いて扉が開かないように冷蔵庫を固定すること
③日頃から、扉のゴムパッキンが緩んでいたら交換すること。

 

右矢印  食材はok?夏は1日、冬は3日。
まずは、製氷機の氷が溶ける前に何か容器に移しましょう。
溶けたら飲料水になります。
次に食材です。計画停電の経験などから、一般的に(食材にもよりますが)夏なら1日、冬な3日は食材がもつという人も多くいます。

もしも、食べられるかな?怪しいな?と思ったらもったいなくても迷わず廃棄しましょう。
その代わり、大丈夫な食材は美味しく頂きたいですね。
日頃から、野菜を下茹でしてから冷蔵するとか、お肉も下味をつけてあとは加熱するだけ、という状態で保存しておくと、災害時の調理もラクですし、日頃の時短クッキングにもつながります。

 

今月の災害時でも出来る簡単クッキングキラキラ

「残り野菜の簡単オムレツ」(ゆで時間13~15分)


【材料】
2人分

*玉子2個
*具材:残り野菜やツナなど適量(今回は人参・ピーマン・ツナ缶)

*塩コショウ適量
*(あれば)牛乳大さじ2

【道具】

*ポリ袋(高密度ポリエチレン)小サイズ(今回は160×250mmを使用)
*鍋

【手順】

(1)  ポリ袋に玉子を割り入れ、手でもんでほぐします。

(2)  野菜をキッチンばさみで小さく刻みながら、(1)に入れて、塩コショウをふりよく混ぜます。

(3)  食材の近くでポリ袋の口を縛り、沸騰したお湯で15分茹でます。(注意!普段は袋の口の近くで縛りますが、玉子は食材の近くで縛る)

完成ですキラキラ

ポイント① 災害時の食材はいたみ具合を確認したうえで使いましょう。

ポイント② 野菜が生の場合、大きすぎると火が通りにくいので、小さく刻んでください。

おすすめの具材は玉ねぎ、ブロッコリー、アスパラ、パプリカ、ネギ、

かぼちゃ、キノコ類、豆類、ウィンナー、ハム、漬物、

ポイント③ カレー粉やチーズなどを加えても美味しいですよ。

 

今月はさらに未公開レシピをご紹介しますキラキラ

 「残り野菜の粒マスタード和え」

冷蔵庫で忘れられがちな食材「粒マスタード」を使った簡単レシピです。

残り野菜の、キャベツ、白菜、人参、大根、かぶなど、何でもok!

 

<食材>2人分

*残り野菜(今回はカブ)1~2個

★白ワインビネガー(酢でもok)大さじ1

★オリーブオイル大さじ1

★しょうゆ 小さじ2

★粒マスタード 小さじ2

<手順>

(1)  ボウルやポリ袋に★を入れよく混ぜる

(2)  (1)に皮をむき8等分に切ったカブを入れ、和える。

※数時間~半日ほど漬けて。

 

 

監修 高良綾乃(たから あやの)/静岡県三島市在住/1児の母
肩書:ママ防災アドバイザー /お弁当アドバイザー
所属:三島市防災士会 /スマイルbosaiらぼ 代表(ママ防災サークル)
メディア:ボイスキュー はぴはぴ子育てレギュラー(第3水曜)

 

 

今月も勉強になりましたね。

早速、レシピも試してみたくなりました♡

また、来月号もお楽しみに~

 

LINE@お友達登録がまだの方はこちらから。
ママとねではママとね主催イベントの情報のほか、月1-2回、LINE@より地域のイベント一覧を配信しています。
↓↓↓