【あひる文庫❤︎番外編】ぐるんぱのようちえんで有名な作家さん『堀内誠一展』に行ってきた!~入場割引券あり!~

ママとね🐣あひる文庫でもおなじみ、
絵本専門店グリム(沼津)の副店長こと、くどえりちゃんが

現在、ベルナール・ビュフェ美術館(長泉)で開催されている「堀内誠一展」に行ってきたので
そのご報告です~。
ぜひ参考にしてみてね♪

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:

こんにちは。
絵本専門店グリムのくどえりです。

もうすぐ、GWですね。今、ベルナール・ビュフェ美術館では、
堀内誠一生誕90年記念 全国巡回展【堀内誠一 絵の世界】が開催中です。

名前を聞いて、パッと思いつくものは何ですか?

私は『ぐるんぱのようちえん』(作・西内みなみ/絵・堀内誠一/福音館書店)です。

ひとりぼっちの象のぐるんぱ。色々な仕事場で働き、ビスケット、お皿、靴、ピアノ、車などを作りますが、どれも大きすぎます。悲しくうつむくぐるんぱ。そんなあるとき・・・。

この、大好きなぐるんぱが入り口でお出迎え!

子どもたちは、まずフォトスポットへgo!!

車の窓から顔を出したり、クッキーにくらいついたりと存分にぐるんぱと遊んだら、いざ中へ✨✨

 

『たろうシリーズ』『こすずめのぼうけん』『あかずきんちゃん』『雪わたり』・・・
読み親しんだ絵本の数々

 

まず目に飛び込んできたのは、マガジンハウス新社屋8Fの壁画。
その大きさに圧倒され、太陽の光、水の輝き、鮮やかな色彩に心が躍ります。

そしてビックリしたのは、少年の頃に描いたお絵かきスクラップブックがきれいに整理され残っていること
こどもの落書きとしてポイポイ捨ててはいけないなぁと反省しつつ見ていると

 

「これ、本当に5才の頃に描いた絵!?」
「すごい! 上手!!」と興奮するこどもたち。

 

『たろうのともだち』は、1962年版、1967年版と両方の原画が展示されています。同じ場面でも、全く違うテイストで描かれていて、どちらもステキ✨

 

『たろうシリーズ』『ぐるんぱのようちえん』『こすずめのぼうけん』『あかずきんちゃん』『雪わたり』『ほね』『ちのはなし』・・・。

どれも子どもの頃に読み親しんだ絵本です。

それらの絵本が全て堀内誠一さんの作品だと知って、驚いたのは大人になってから・・・。

ストーリーに合わせて自在に変わる画風。
画材もマーカー、水彩、油絵、色鉛筆やセロハンなどを使い分けています。

幼き日に読んだ絵本の原画を目の前にすると、一気にこどもの頃の自分に引き戻されます。

あれこれ想像しながら読んでは、絵本の世界を楽しんでいたあの頃。
ふと気が付くと、我が子も同じ絵の前で「ちっちゃいとき、いっぱい読んだね」と笑ってる。
すると、今度は一瞬で母の気持ちに戻り、また絵をみつめる。

原画を前に、こどもになったり、大人になったり、母になったりと心は大忙しです。

 

こちらのお部屋も必見!

 

堀内誠一さんが愛した品々や
世界各地の手書きの地図、旅先からの手紙が展示されている部屋も必見!

ワクワクしすぎて、一度入ったら、なかなか出られませんよ。

何度も高揚する心を落ち着かせながら、たっぷり2時間楽しみました。
初期の頃の作品から、どんどん展開していく展示は圧巻です。
しかし、すでにもう一度、ゆっくりと見に行きたいという衝動に駆られています。

「anan」や「POPEYE」等のロゴや表紙絵などを手がけ、
エディトリアルデザインの先駆者としても知られる堀内誠一さん。

絵本作家としては60冊以上の絵本を私たちに出会わせてくれた
堀内誠一の世界は余りにも大きく深く魅力に満ちていました。

※取材のため、美術館内の撮影の許可をいただいています。

 

さいごに・・・

 

次に行くときは【堀内誠一 絵の世界】だけでなく、ベルナール・ビュフェの世界にも浸りたい。
子どもたちは、原画を見て「絵を描きたい!」という気持ちが一気に高まったようです。

家に帰ってから何枚も何枚も絵を描いたり、おはなしを作ったりしていました。

お隣のカフェ&ショップには堀内誠一さんのオリジナルグッズも販売しています。

天気の良い日は、外でランチも楽しそうです♪

番外編♪

 

番外編❶ こども美術館

ちいさなお子さま連れの方には、別館一階のこども美術館もオススメ。
木のボールプールや絵本コーナー等、落ち着いた雰囲気の中で、美術作品に親しみながら遊ぶことができます。

※現在は、こども美術館は予約制となっていますのでお問い合わせください。

 

番外編❷ 長泉スタンプラリー「ながいずみ 重ね捺し版画の旅」

ベルナール・ビュフェ美術館の入り口で、“ながいずみ 重ね捺し版画の旅”というスタンプラリーを見つけて参加しました。
なんと! 5か所でスタンプを押すと、一枚の切り絵が完成します。お楽しみに♪(期限は特にありません)

私たちが行った時は桜が咲いていて花びらが風に舞っていました。
これからは新緑の季節ですね。また、クレマチスも最盛期をむかえます。
さあ、花盛りのクレマチスの丘へ遊びに行きましょう♪

(2022年4月 取材 くどえり)

 

【堀内誠一 絵の世界】

場所: ベルナール・ビュフェ美術館(長泉町東野クレマチスの丘515-57)

会期: 2022/03/19(土)-07/25(月)まで開催
※水曜日・木曜日休館(ただし、2022年5月4・5日は開館)

入場料: 大人1000円 中学生以下無料

詳細: 

 

📚絵本専門店グリムからのお知らせ

絵本専門店グリムでも、堀内誠一さんフェア開催中です。
ぜひ、お立ち寄りください♪

絵本専門店グリム
〒410-0022 静岡県沼津市大岡905-1 
ウェブサイト: https://grimm-ehon.com/

 

=============
🎁ママとねでは、ベルナール・ビュフェ美術館の

\入場料が割引になる/LINEクーポンを配信しています。

新しく、お友だち追加された方にも、
自動でクーポンが届きますので、
まだの方はこちらから、ママとねのLINEに登録してみてね‼

↓↓↓
🍀ママとね公式LINE🍀

ママとねではママとね主催イベントの情報のほか、月1-2回、ママとね公式LINEより地域のイベント一覧を配信しています。