三島市・長泉町・函南町
2019/10/19(土)14:00-15:30

図書館企画展示特別講座『子どもと話そう、がんのこと、いのちのこと』

ママとねの子育てサポーター団体でもあるキャンサーペアレンツメンバーの登壇です
がんになった母とその娘のふれあいを、ユーモアを交えて描いた絵本「ママのバレッタ」。絵本って、どうやって作られていくのでしょうか。また、今後がん教育が本格化していく中で、私たちは子どもたちにどう伝えていったらいいのでしょうか。一冊の絵本から、一緒に考えてみませんか?という企画です。

1 開催概要 
    日時:10月19日(土) 午後2時~3時30分
  場所:三島市民生涯学習センター3階 講義室
  定員:150人 入場無料・申込不要・先着順・お子様連れ可(託児なし) 

2 講師
(1) 田中聡子さん ※登壇に向け現在調整中
  絵本「ママのバレッタ」作者・大腸がん経験者・1児の母・京都市在住
  2017年4月キャンサーペアレンツ・えほんプロジェクトに参加。「がん経
  験者だからこそつくれる絵本を」との思いを込め作成した「ママのバレッ
  タ」が2018年11月、プロジェクト第1弾として生活の医療(株)より出版さ
  れる。
(2) 山田栄子さん
  一般社団法人キャンサーペアレンツえほんプロジェクトメンバー
  患者遺族・2児の母・長泉町在住
  2016年、夫の祐資さんに小腸がんが見つかる。同年秋、祐資さんは子ども
  を持つがん患者がつながるピアサポート団体「キャンサーペアレンツ」に
  参加。「えほんプロジェクト」のメンバーとして積極的に活動するも、
  2019年1月に他界。栄子さんは  現在、夫の意思を継ぎ、「えほんプロ
  ジェクト」メンバーとして活動中。
(3) 塚田薫代さん 
                              静岡県立子ども病院図書室司書
  1960年静岡市出身、公共図書館を経て1993年より現職。ヘルスサイエンス
  情報専門員上級。医学図書室の傍ら患者図書サービス「わくわくぶんこ」
  を主宰。患者ご家族には専門的な医学情報を、入院中の子には楽しい絵本
  を提供している。


【キャンサーペアレンツ絵本プロジェクト】
HP: https://peraichi.com/landing_pages/view/ehonpj

Instagram: https://instagram.com/cp.ehonproject?igshid=1a2ukq05x 23s


=====================

ママとねでは月1-2回、LINE@より地域のイベント一覧を配信しています。まだ登録がお済でない方はこちらから。
↓↓↓
https://line.me/ti/p/%40mamatone


団体名 三島市立図書館
開催場所 三島市民生涯学習センター3階 講義室
三島市大宮町1-8-38
開催日時 2019/10/19(土)14:00-15:30
会費 無料
対象 どなたでも
連絡先 三島市立図書館
TEL055-983-0880
FAX055-983-0876
申込先 申込不要・先着順
備考

パーマリンク:http://mamatone.net/events/mishimatosyokan_20191019