子育てサポーター > 詳細

木育てらこや

一覧に戻る

木とふれあい、木に学び、木と生きる

子育て真っ最中のママさん同士の交流の場として、その時々の季節を感じながら親子であそびましょう。

「木育」とは、もともと北海道で誕生した言葉で、木への理解を深めるための学びを指しています。食育が、食によって子どもの健やかな体を育むものだとしたら、「木育」は、木を子育てに取り入れることによって、子どもの心を豊かに育もうとするものです。

子どもにとって、お母さんの肌のぬくもりに勝るものはありません。では、2番目は何だと思いますか? 実は、2番目が木ではないかと言われています。自然の恵みである木は、人間と同じ生きものです。同じ生きものとしての仲間心を芽生えさせ、心を通わせ、「木育」として、木と子育てを近づけようとする理由がここにあります。子どもが木からさまざまなことを感じ取ることが大切なのです。

木のおもちゃ、木育広場、木に親しむワークショップ、木のコーナー、木工教室など、大人と子ども、親子で楽しめる「木育」をテーマにした取り組み・運営などです。

【木とふれあい、木に学び、木と生きる】
活動では、良質な木・木材を使い、今もなお日本の伝統建築を守っている、三島の「成真寺」にて、木育てらこやを主に開催しております。

国産の木のぬくもりを感じながら、木のおもちゃをさわり・あそぶ…何となくでもいいから、木のてざわりとぬくもりが、子ども達の手のひらの記憶となっていたらうれしい…そんな願いをこめて活動しています。

最後にとなりのトトロをご存知かと思います。宮崎監督は、サツキとメイのお父さんにこう語らせます。「昔は木と人は仲良しだったんだよ。お父さんは、この樹を見て、あの家が気に入ったのだよ」「昔は木と人は仲良しだったんだよ。」と、過去形で終わらせてはいけません…。「今も、昔も、木と人は仲良しなんだよ」と、私たちは言い続けていかなくてはいけませんね。

団体名 木育てらこや  木育広場・木育寺子屋標記 事業認定
活動地域 三島市・沼津市
活動日時 毎月第一月曜日(三島市)・ 毎月第二金曜日(沼津市)
会費 1回 500円
対象 0歳〜
連絡先 木育てらこや
代表 原 小由紀
Tel: 090-7411-5300
Email:baby.futaba@gmail.com
Web: http://hara-family.muse.bindsite.jp/futaba/
備考 林野庁補助事業 、NPO法人日本グッド・トイ委員会、「赤ちゃん木育広場・赤ちゃん木育寺子屋」標記事業認定
一覧に戻る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

Site Search

Recommend

一期一会の「いちご」 ~たくさんの出会いを大切に~
子育て応援サークル いちご
みしま三世代やさしい子育て支援
みしまみんなの子育てサロン ふぁむ
こどもたちに残そう、ふるさとの里山と自然
山田川グリーンツーリズム研究会(通称: やまグリ )
木とふれあい、木に学び、木と生きる
木育てらこや

子育てサポーター

どんどこ太鼓の音に心もはずむ♪
OYAKO event in 南あたみ 和太鼓 まつり
ママの欲しいがギュッ!とつまった嬉しいイベント
マルシェ LDK
美味しいものと癒しの時間♡
和モダンな空間の和カフェでおしゃべり♡
初の伊豆開催♡5月の ママとねサロン ♡ 
つながれば、ママも子供も♡HAPPY LIFE♡
子育てつながり隊 にじいろ
子どもと育む気持ちの良い暮らし
沼津友の会
『子育て中の親のための息抜きの場所を』  『地域で繋がり、地域で子育て。親ともを作ろう』
ながいずみ親コミュニティ・「 なごみカフェ 」
自然の大切さに気づくための『はじめの一歩』
田貫湖ふれあい自然塾
みしま三世代やさしい子育て支援
みしまみんなの子育てサロン ふぁむ
ありのままのあなたを応援します。
ありままの会
ふれあいの中から語り合える仲間作りを!
裾野市地域活動  母親クラブ
生の舞台や遊びを通じて、心動くたくさんの共通体験を!
沼津子ども劇場
妊娠・出産・子育てをプラスにする
母力向上委員会 (ははりょくこうじょういいんかい)
子どもの成長と共に親も成長する
みしま プレイセンター
一期一会の「いちご」 ~たくさんの出会いを大切に~
子育て応援サークル いちご
お友達との関わりを大切に
さくらんぼの会
木とふれあい、木に学び、木と生きる
木育てらこや
こどもたちに残そう、ふるさとの里山と自然
山田川グリーンツーリズム研究会(通称: やまグリ )
赤ちゃんから楽しむ
となかいさんちの音楽会